挨拶をしない人の心理とは?挨拶する人としない人の考え方の違いを分析

 

挨拶をしない人の気持ちを考えた事はあるでしょうか?自分では当たり前のことも他人にとっては決してそうとは限りません。

 

今回は挨拶をする人としない人の考え方の違いを紹介していきます。

 

挨拶をする人の意見

・どんな時と場合でも新しく入ってきた人はせめて挨拶ぐらいはしてほしい

・恐らく育った環境の影響が大きい。子供の頃からしっかり叩き込まれていれば挨拶は自然に出来る

・むしろ仕事しなくていいから挨拶しろ。挨拶ほど有意義なコミュニケーションは存在しない

・職場では上司から「時間にちゃんと来れるか」「挨拶ができるか」「指示された通りに動けるか」も必ずチェックされています

・普通に挨拶するべき。ありがとうの一言本当に大事

 

挨拶をしない人の意見

・自分に良くしてくれる人には挨拶するけどその他にはしない

・他人に興味がない

・人からどう思われても気にしない。自分は自分の考えなので無理に挨拶はする必要はない

・駅員さんが毎回挨拶してくるが、そんなにしなくてもいいのにと毎回思ってしまう 

・苦手な人とは距離を置く。挨拶しなくていいから近くにいないでほしい

・そんなに挨拶してほしいか?

・無理にしなくていいと思う。そういう気を使わない職場環境づくりも大切

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

如何だったでしょうか?今回は挨拶をする人としない人の考え方の違いをご紹介しました。

必ず挨拶する派としない派の考え方はまるで正反対。人とのコミュニケーションを大切だと考える方は必ず挨拶をする事が基本と思っている方が大多数の意見。

逆に人に無関心、自分本位だという考え方をする人は自分もしないし、相手にも求めない人という意見が大多数だという事が分かります。