読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スポンサーリンク

犬や猫は家族同然。日用品メーカーが新商品を相次ぎ投入予定

犬ニュース 猫ニュース

犬や猫のペット関連用品で、日用品メーカー各社が新製品を相次ぎ投入している。飼い主にとり、ペットが「飼う」対象から、「一緒に暮らす」存在となり、市場が広がってきたからだ。家族と同じように健康や高齢化を気遣い、お金をかける傾向にあるという。

 

ライオン子会社のライオン商事は1日、犬・猫用の歯ブラシ新商品「ペットキッス 指サック歯ブラシ」を4月に発売すると発表した。ぐにゃりと曲がるのが特徴。従来の棒状ブラシだと歯ぐきに当たってペットが嫌がり、歯みがきが難しいという飼い主に対応した。先端のブラシも小さくし、奥歯まで磨けるという。想定価格は税込み650円前後。歯みがきジェルや、歯みがき代わりになるおやつも投入する。

 

同社によると、歯ブラシを週1回以上使う犬の飼い主は2013年の9%から16年には23%に増加したという。永井隆志社長は「ペットと快適に暮らしたいとの意識が高まった。特に歯みがき市場は今後、2~3倍に増える」と期待する。室内飼育が増えるなか、ペット用のシャンプーやペット用品を洗う洗剤の商品も拡充させている。

 

花王は室内で使う猫用トイレを販売。トイレの中に消臭効果があるとされる木製のチップと、尿を吸収するマットを敷き、体調が優れない時にマットを抜いて尿を確認できる。ペットの高齢化も進み、ユニ・チャームは昨年11月、高齢犬の床ずれなどを防ぐ介護マットや、その上に敷く悪臭や皮膚炎を防ぐシートといった新商品を全国の動物病院で売り出した。高齢の犬・猫向けの軟らかいペットフードも充実させている。

 

■1.4兆円市場、異業種も注力
ペットフード協会によると、犬・猫の全国飼育頭数は16年で約1973万頭。犬が減る傾向で5年前に比べて全体で約182万頭減った。ただ、「ペットへの支出は増えている」(永井ライオン商事社長)。実際、矢野経済研究所によると、16年度のペット関連市場は5年前から5・6%増の1兆4845億円になると予測、堅調に伸びている。


市場拡大を見込み、ペットと縁遠い異業種もペット向け商品に力を入れている。情報通信技術を活用した愛犬見守りサービスを展開するのは富士通。昨春からは首輪につけるセンサーを小型化し、犬の歩数や体をふるわせた回数を把握。行動パターンを分析して「リラックス」「落ち着きがない」といった犬の状態を認識し、飼い主のスマートフォンに知らせる。

ペット用医薬品では、化学繊維大手の東レが1月、猫の慢性腎臓病治療薬「ラプロス」を開発し、国から製造販売の承認を得たと発表した。腎機能の低下を抑える猫用治療薬は世界初だといい、4月から販売する。

 

f:id:aikototan:20170211200659j:plain

出典

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170211-00010001-sippo-life

 

 

口コミ

 

かけ過ぎるのはよくないと思うけど、家族であることは間違いない

 

犬猫を家族にとお考えの方はどうか《被災地や保健所》から迎えて下さい

 

飼ってる犬や猫は家族同様。この家族と一緒に過ごせて幸せだったと思いながら晩年を過ごして欲しいです。

 

これからの日本を担うのは高齢の人間とペットなのかも。

 

家族というなら安易に育てられなかいからって捨てないでよ。

 

犬や猫は家族以上に家族だもんなぁ。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

これからもペット関連の新商品が続々と増えていくそうです。これからはペットの中でも長寿社会になる事を見越して健康グッズが発売されていくのでしょうね。

 

今年の四月には株式会社ライオンから指サック歯ブラシが発売される予定。

f:id:aikototan:20170211202138j:plain

 

この指サックは確かに汚れを残さず歯垢を綺麗に洗い落とせそうです。ありそうでなかった新商品がこれからも続々と発売されると思われます。

医療関連のお薬も新開発されるなど益々健康的で長生きするペットが増えていく中、もはや家族同然だと考える人が増えてきてます。

共存して一緒に生活を共にする家族として多くの飼い主さんが最期まで責任を持って育てて欲しいですね。

 

 

モフモフが超絶可愛いワンちゃん。こんなにかわいいワンちゃんがお家にいてくれると毎日の帰りが楽しみになりますよね。居てくれるだけ癒し。その分ペットに対する愛情が深まり健康グッズや喜びそうなグッズを購入してあげたくなりますよね。