スポンサーリンク

突然変異?世にも珍しい緑色の犬が生まれてびっくり。想像以上に色がついてる。

       f:id:aikototan:20170209063046j:plain

 

イギリス西北部ランカシャーで、チョコレート色のラブラドールから緑色に染まった子犬が生まれたとして話題になっている。


こちらの「緑色の犬」はエレイン・クーパーさんが飼っていた茶色のラブラドール犬ミリー(2)が出産したメス犬だ。アニメ映画『シュレック』のフィオナ姫にちなみ”フィフィ”と名付けられた。

「初めてみたときは衝撃でした」と驚きを隠せないクーパーさん。

緑色の子犬が生まれるのは大変珍しく、世界での報告例はこれまでにわずか数件しかないという。これは緑色の色素ビリベルジンによるもので、出産時ごく稀に羊水と混じり合い子犬の体毛を薄く染めるのだと言う。

f:id:aikototan:20170209063243j:plain

クーパーさんは「十分育ったら誰かに譲りたい」としているが、あくまで緑色は一時的なものなので成長と共に色が落ちていくようだ。

 

f:id:aikototan:20170209063226j:plain

出典

http://yurukuyaru.com/archives/69192727.html

 

 

口コミ

 

成犬になった姿みて見たい

 

青汁飲み過ぎ。

 

流石イギリス、ヴィーガン犬とかw

 

ピッコロの遺伝子が入ったんだろうな

 

シャーロック・ホームズに出てくるバスカヴィルの犬か。

f:id:aikototan:20170209063556j:plain

 

つやつや感が見てとれて綺麗よね

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こちらの緑色の犬の名前はフィフィちゃん。生まれた時から緑色の毛並みで非常に珍しい現象。飼い主さんも初めて見た時は驚いたでしょうね。

 

f:id:aikototan:20170209063951j:plain

 

他の兄弟は真っ白。余計に一匹だけ目立っています。このまま育ったらどんな姿形になるのか興味がある所ですが、この色素の変異は一時的なもので成長と共に色は落ちていくそうです。

 

飼い主さんは十分に育ったら子犬を誰かに譲る希望との事なので、新しい飼い主さんの下でもすくすくと育って元気いっぱいに成長していってほしいですね。でも万が一緑の色が落ちずに大きく育っていったら注目もかなり浴びることになりそう。

欲しい人も多くいると思うので、譲り渡す際はしっかりと飼育できる環境の過程なのか見極めてから引き渡してほしいですね。