読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スポンサーリンク

犬の生まれ変わりをストーリーにした感動の映画「A Dog's Purpose」の撮影裏で虐待疑惑が生じ大問題に

犬ニュース

f:id:aikototan:20170206090054j:plain

 

衝撃的な映像が世界で話題になっています。私も目にしましたがとんでもない事をやってるなと愕然としました。

アメリカの映画「A Dog's Purpose」の撮影風景の一場面で犬に虐待と言われてもおかしくない行為を撮影スタッフが行っているのです。

 

 

 

 

ちょっと信じがたい行為ですよね。映画の内容としては、犬が主人公で人生を終え亡くなると記憶を残したまま次の犬に生まれ変わり新しい人生を繰り返す、といった内容で最終的には別の犬に生まれ変わり最初の飼い主の元へ再開するといったストーリーです。感動的で泣ける映画になっているのですが、そんな中、撮影の裏ではこんな無理やりなやり方でありえない行為が行われていたのかとアメリカでも批判の的になっています。

 

この衝撃的な撮影風景は2015年に行われ映画自体は既に公開済み。今回この映像が出回ったきっかけは、アメリカのニュースサイトTMZが記事にしたことからあっという間にSNSを通じて全世界に広がりました。

f:id:aikototan:20170206085100j:plain

TMZ

http://www.tmz.com/2017/01/18/a-dogs-purpose-german-shepherd-abuse-video/

 

観客を感動させる映画の裏ではこんな酷い事をさせていたのかと怒り心頭です。本当に信じられないですね。恐らく映画のスタッフさんが正義感を持って内部告発してくれたんだと思いますが、こういった動物への虐待は今後一切止めてほしいです。

 

 

 

映画A Dog's Purposeは2015年に放映済み。当時は凄く感動的な内容だと話題になりましたが、今頃になって撮影裏の過酷なワンちゃんの現実が報道され興ざめもいいところです。

こんな行為を平然とやってのける人達の考え方や動物に対する倫理観ににドン引き。全く理解できません。アメリカでは今回の映像をきっかけにアメリカの動物愛護団体が独自に調査するとの事ですが、何らかの罰則を与える必要性があると思います。